芸能ニュース黒兎

気になる(トレンド・旬・流行などの)芸能テレビネタニュースの2ちゃん(2ch)中心まとめです。

    気になる(トレンド・旬・流行などの)芸能テレビネタニュースの2ちゃん(2ch)中心まとめです。

    カテゴリ: 映画



    (出典 asajo.jp)



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2018/07/17(火) 06:28:13.10 ID:CAP_USER9.net

    7/17(火) 6:02配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180717-00545415-shincho-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


     ゲイタウンとして名高い東京・新宿2丁目――。7月11日、この街のとあるクラブで、元SMAPの稲垣吾郎(44)が撮影監督として名高いクリストファー・ドイル(66)からキスされたというのだ。

     ***

     とはいっても、2人だけで店にいたわけではない。二階堂ふみ(23)やヴィジュアリストの手塚眞(56)の姿もあったという。

    「手塚治虫(1928~1989)原作の映画『ばるぼら』の打ち上げですよ。『女性自身』(7月24、31日合併号)で報じていますが、6月末のクランクアップの挨拶で、稲垣さんが『あれ、おかしいな……』と言葉に詰まると涙を流したという、手塚治虫の息子・眞氏がメガホンを取るあの映画です。さすがに2丁目での打ち上げには、稲垣さんも『こんなところでやるのは初めて』と驚いていたそうです。ヒロインの二階堂さんは、上機嫌で踊っていたそうですよ」(映画関係者)

     もっとも、打ち上げに新宿2丁目を選んだのは、吾郎ちゃんにゲイ疑惑があるからというわけではない。「ばるぼら」の原作では、異常性欲者の悩みを抱える耽美派作家の「美倉洋介(稲垣)」と、アルコール依存症で自由気ままな「ばるぼら(二階堂)」が出会うのが、新宿駅なのだ。

    「美倉はばるぼらと一緒に暮らし始め、作家として成功します。しかし、彼女の自由気ままぶりが許せず家から追い出すと、作品も書けなくなってしまう。ばるぼらは、実は芸術の女神の化身だったというもの。クライマックスも壮絶で、手塚作品には珍しいモノ。あまりメジャーな作品ではありませんが、手塚ファンとして有名な立川談志さん(1936~2011)も、好きな作品には必ず『ばるぼら』を挙げたほどで、ファンには評価も高い。この連載が『ビッグコミック』でスタートしたのは1973年7月なんですが、翌8月に手塚さんが社長をしていた出版社の虫プロ商事が倒産し、同年11月にはアニメ会社の虫プロダクションも4億円もの負債を抱えて倒産。手塚さんは自宅も失って、どん底にいた時期になります。それでも、執念で復活の道を探り始めた記念碑的な作品でもあるんです」(芸能記者)


    【【芸能】稲垣吾郎が新宿2丁目で男性とキス! 映画「ばるぼら」打ち上げで見せた開放感】の続きを読む



    (出典 tagnew.jp)



    1 名無シネマ@上映中 :2017/08/12(土) 07:18:17.42 ID:+3qy+Evz.net

    2018年公開
    キャスト
    最上毅/木村拓哉
    沖野啓一郎/二宮和也
    橘沙穂/吉高由里子
    諏訪部利成/松重豊
    白川雄馬/山崎努
    弓岡嗣郎/大倉孝二


    【【木村拓哉】検察側の罪人【二宮和也】】の続きを読む



    (出典 img.horipro.co.jp)



    1 名無シネマ@上映中 :2018/04/28(土) 20:07:04.04 ID:tTvrlrNa.net

    ニッポンの恋を 明るくします。

    映画『センセイ君主』公式サイト
    http://sensei-kunshu.com/
    映画『センセイ君主』公式Twitter
    https://twitter.com/senseikunshu_m

    2018年8月1日(水) 公開

    竹内涼真 浜辺美波
    佐藤大樹 川栄李奈 矢本悠馬 佐生 雪 福本莉子 / 新川優愛

    原作:幸田もも子「センセイ君主」(集英社マーガレットコミックス刊)
    監督:月川 翔
    脚本:吉田恵里香
    音楽:得田真裕


    【センセイ君主【竹内涼真 浜辺美波】】の続きを読む



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    1 名無し募集中。。。 :2018/05/21(月) 13:34:00.89 0.net

    阿部寛の主演映画「のみとり侍」(鶴橋康夫監督)が18日から全国の劇場で上映されている。

    同作は主人公のエリート藩士・小林寛之進(阿部)が藩主の怒りを買い、のみとり稼業に転身。
    表向きの仕事は猫の“のみ取り”だが、その実態は女性の「お相手」をするという裏稼業で、寛之進の奮闘ぶりが描かれている。

    「寛之進が女性の喜ばせ方のテクニックを学びながら奮闘するんですが、阿部さんは初めてのお相手・おみねを演じた寺島しのぶと濃厚な濡れ場を繰り広げています。
    寺島といえば、鶴橋監督作品の『愛の流刑地』(07年公開)でも豊川悦司相手に激しい濡れ場を演じています」(映画ライター)

    そして、その脱ぎっぷりが話題になっているのが、フランスで開催中の「第71回カンヌ国際映画祭」で、
    最高賞の「パルムドール」を競う「コンペティション部門」に出品されている「万引き家族」(是枝裕和監督)の安藤サクラだという。

    「昨年6月に女児を出産。そこから体を絞ったりせずに撮影に臨んだそうですが、夫役を演じたリリー・フランキーと堂々たる濡れ場を演じています。
    撮影後、朝ドラヒロインの仕事が来たので、問題なかったようです」(同前)

    寺島、安藤ともにその高い演技力は知れ渡っているが、若手女優の中から2人の“後継者”の誕生が期待されるというのだ。

    「とりあえず、なかなか“*る女優”がいません。脱ぐことにより、出演できる作品の幅も広がります。若手の中では唯一、二階堂ふみが事務所もNGを出さずに濡れ場もOK。
    とはいえ、もっと名前のある女優陣にも思い切って*ほしいものです」(芸能記者)

    寺島と安藤を脅*存在が出現すれば、ほかの女優にとっても刺激になりそうだ。

    https://npn.co.jp/article/detail/52797361/


    【脱げる女優がいなくて日本映画界が深刻な問題に直面してるらしい。寺島しのぶと安藤サクラが一手に引き受けてる状況】の続きを読む



    (出典 cdn.keyakizaka46.com)



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/06/05(火) 05:08:04.80 ID:CAP_USER9.net

    映画「響-HIBIKI-」小説家・山本春平役は小栗旬、平手友梨奈演じる響と共演
    2018年6月5日 5:00 コミックナタリー
    https://natalie.mu/comic/news/285237

    手前から平手友梨奈演じる鮎喰響、小栗旬演じる山本春平。

    (出典 cdnx.natalie.mu)


    「響 ~小説家になる方法~」1巻

    (出典 cdnx.natalie.mu)


    上段左から北川景子、平手友梨奈、アヤカ・ウィルソン。下段左から黒田大輔、小松和重、高嶋政伸、柳楽優弥、野間口徹、板垣瑞生

    (出典 cdnx.natalie.mu)


    柳本光晴原作による実写映画「響-HIBIKI-」の新たな出演者が発表。山本春平役を小栗旬が演じる。

    山本は経済的に苦しい生活を強いられながらも、芥川賞を目指す小説家。小栗は「演じた山本は個人的に背負っている思いが沢山あり、相当の情熱を捧げて小説を書いている人なので、それが崩れてしまったら、辛く悲しい人というイメージでした」と自身の役どころを述べながら、主人公・鮎喰響役を演じる平手友梨奈(欅坂46)について「色々なものを背負いながら頑張っている方だと思うので、それが響という役にマッチして、肝の据わっている10代だなと思いました」と語った。

    山本春平と鮎喰響。

    山本春平と鮎喰響。
    また6月1日にクランクアップした同作。平手は「クランクイン前は、初めての映画ということで、『無事に終われるか』という不安もありました。でも、共演者やスタッフの方が“鮎喰響”として接してくれたこともあり、お芝居をしているという感覚があまりなく、普通でいられました」と心境を語りながら、「この作品を観て、どう感じるかは人それぞれになると思いますが、小学生から大人まで多くの方に楽しんでいただける作品になったと思います」と自信を覗かせた。

    映画「響-HIBIKI-」はビッグコミックスペリオール(小学館)にて連載されている「響 ~小説家になる方法~」を原作とした物語。映画は9月14日に公開され

    ◆小栗旬コメント

    演じた山本は個人的に背負っている思いが沢山あり、相当の情熱を捧げて小説を書いている人なので、それが崩れてしまったら、辛く悲しい人というイメージでした。この作品は、自分たちも生きながら感じている「本当はこうしたいのに、こうしてはいけないよな」ということに関して背中を押してくれると思います。今回初めて共演した平手さんは、響という役柄があると思いますが、思っていたよりも、すごく“普通”な感じがしました。色々なものを背負いながら頑張っている方だと思うので、それが響という役にマッチして、肝の据わっている10代だなと思いました。また、月川組の雰囲気は『君の膵臓をたべたい』の時とあまり変わらず、皆が監督のために何かしようとか、監督を盛り上げようというムードが漂っていて素敵な現場だと思いました。

    ◆平手友梨奈コメント

    クランクイン前は、初めての映画ということで、「無事に終われるか」という不安もありました。でも、共演者やスタッフの方が“鮎喰響”として接してくれたこともあり、お芝居をしているという感覚があまりなく、普通でいられました。響という役の性格や行動に共感する部分はありましたが、演じる上では、身長を小さくしたかったです。誰に聞いても無理だと言われてしまいましたが(笑)小栗さんは撮影の合間に気さくにはなしかけてくださるなど、とても優しい方でした。山本という役を自然体で演じていらっしゃるように感じました。月川監督には、響のセリフについてなど相談することもありました。撮影以外の時間では子供のような一面もお持ちでした(笑)この作品を観て、どう感じるかは人それぞれになると思いますが、小学生から大人まで多くの方に楽しんでいただける作品になったと思います。


    【【芸能】映画「響-HIBIKI-」小説家・山本春平役は小栗旬、平手友梨奈演じる響と共演】の続きを読む

    このページのトップヘ